家庭菜園で重宝!何度も収穫できる貴重な「干しネギ」

誰でも手軽に栽培できる栄養満点の干しネギ

 

京都特産の九条ネギは長くて香りが良く味の良いネギです。

味も季節によって変化し、春はやわらかく、夏から秋は少し辛味の味を楽しむことができます。

九条ネギは青ネギの一種で、もともと京都市で作られていたこと方この名前がつきました。初夏に掘り上げたネギを軒下で約1ヶ月ほど乾燥させると「干しネギ」になります。

干しネギにすることで、発根がよくなり分けつ(株分かれ)が旺盛になり大株に育つというメリットがあります。

誰でも手軽に栽培できる栄養満点の干しネギを是非ご家庭でも楽しんでください。

 

栽培のコツ

干しネギを受け付ける前の準備として、枯れている余分な葉や根は取り除いてください。

 

一見、枯れていそうですがそうではありません。
乾燥させているため、枯れているように見えますが、枯れている部分を切り落とすと球根がでてきますのでそちらを植え付けしてください。

カットする箇所ですが、根からだいたい15cmくらいの部分をカットしてください。そうすることで、発芽が良くなります。

植え付けるコツは苗をまっすぐ立てるように5cmほど植え込みします。

 

植え付け後1週間程度で葉が伸びてきます。植え付けから約2週間程度で収穫できます。

2017年8月24日お役立ち情報家庭菜園, 干しネギ, 重宝

Posted by wakabaseed-com


PAGE TOP